続々とインド事業拡大する日系二輪メーカーの「思惑」と「成否」

執筆者:緒方麻也 2013年4月15日
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス

  西部グジャラート州への進出を決めたスズキの子会社マルチ・スズキや、生産が軌道に乗った日産自動車、そしていよいよ本気を出し始めた「世界のトヨタ」など、インドの自動車市場と言えば日系メーカーが支えてきた感がある。しかし、二輪車市場においても日系4社は近年相次いで生産能力や販売体制を拡充・強化し、急速にその存在感を高めている。

 これまでは125-150ccクラスの実用車が主戦場だったが、日系メーカーは6-7万円で買える格安バイクや女性にも乗りやすいおしゃれなスクーター、そして主に先進国市場向けとされてきた250ccを超える中・大型スポーツバイクなどにも積極的に進出し、新たな市場開拓を図っている。

 インドの二輪車市場は2011年度に国内販売台数1300万台を超え、今後も農村部を中心に大きな成長が期待され、輸出も年間200万台を超える有望セクターとなっている。各社の最新動向を見てみたい。

 

事業再構築する「ホンダ」

 その筆頭がホンダ・モーターサイクル・アンド・スクーター・インディア(HMSI)だ。親会社の本田技研工業は10年末に世界最大の二輪車メーカー「ヒーロー・ホンダ(現ヒーロー・モトコープ)」におけるムンジャル・グループとの合弁を解消した。輸出の拡大か国内市場重視か、などで意見対立があったとされるが、身軽になったホンダは100%子会社のHMSI一本に経営資源を投入。インド市場へ本格的な大攻勢をかけている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順