日本における「右と左」とは?

執筆者:フォーサイト編集部 2013年4月15日

本日の更新記事は、宇野重規さんの「政治をゼロから考える(18)日本において『保守とリベラル』『右と左』は何を意味するか(後編)」です。考えれば考えるほど、ヨーロッパの「保守と社民」、アメリカの「保守とリベラル」は、日本の政治状況の区分法として説得力がありません。「グローバル化が進む中で不安定化した人々の暮らしをいかに守っていくか」を争点にするというのはどうでしょうか。

「専門家の部屋」では、「中国」に「中国の『主要矛盾』を突いた日台漁業交渉の合意」(野嶋剛さん)の新エントリ。支持率低迷に苦しんでいた台湾・馬英九政権は、中国からの秋波を袖にし、日本との合意による実利を得ました。中台間にくさびを打ち込んだ自民党政権には知恵者がいるようです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順