国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

金正恩「亡命」で「核の傘」のほころび隠せ

会田弘継

 この未熟者の独裁者は、アメリカと戦争を始める気なのか? 外部からは、うかがい知れない。それが「困った現実だ」――。4月2日付米紙ワシントン・ポストの社説は嘆いた。ミサイル発射、核実験を繰り返す北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の言動を「正気の沙汰ではない」と形容するメディアもある。

「関与政策」を求める声も出ている。しかし、挑発に対し外交をもって応えれば、また挑発が繰り返されるだけではないか、とポスト紙社説は言う。金融制裁を強化せよ、非道の強制収容所の実態を世界に知らせよ、一層の制裁が必要だ、と社説は訴える。【Answering North Korea with financial sanctions, The Washington Post, April 2

 

楽観的シナリオも

  アメリカの「核の傘」は本当に役割を果たせるのか? 東アジアの懸念はそこにあると指摘するのは、オーストラリアの戦略専門家ヒュー・ホワイトだ。アメリカの「核の傘」(専門用語では「拡大抑止」と呼ぶ)の信頼性は、ひとえに北朝鮮の報復能力にかかっている。北がソウルに核攻撃をかけたら、アメリカは核で仕返しをするはずだ。同盟国・韓国に「核の傘」を保証しているからだ。しかし、そのアメリカの仕返しに対し、北朝鮮がホノルルやロサンゼルスを核ミサイルで報復攻撃できるとしたら……。北朝鮮側が、アメリカは自国の主要都市を犠牲にしてまで北に核攻撃を行なう意思はないだろうと考え出せば、「核の傘」は効かなくなる。だから、北の長距離弾道ミサイルは、東アジアの戦略地図を塗り替えることになるのだ、とホワイトはシンガポール紙ストレーツ・タイムズへの寄稿で言う。【Should South Korea build its own nukes?, The Straits Times, April 6

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順