援助政策を考え直す:経済学から国際政治学へ

平野克己
執筆者:平野克己 2013年4月18日
エリア: アフリカ

 この4月から「援助政策研究会」を立ち上げた。従来の援助論とはまったく異なる視点から援助政策を検討するためである。

 これまでの援助論は凡そ、どのような支援が開発途上国の開発をもっともよく促進するかという観点から語られるのが常であった。しかし、正確にいえばこれは援助政策そのものを見ているのではなく、開発というテーマを側面から、間接的に検討しているのである。これらは開発研究の一種であるから、主に開発経済学の手法が使われてきた。また提言相手は援助国の政府ではなく、開発途上国の人々ということになる。

 しかしこれでは日本政府に対する提言にならない。援助の大宗である開発援助に開発効果が求められるのは当然であるが、開発効果は一義的には援助受取国に帰属するのであって、それがいったい援助の出し手にどのような利益をもたらすのかが問われなければならない。それこそが援助を供与する目的だからである。たとえばもし、日本の援助によってある国の経済力が高まり、その結果その国が反日的になって日本との関係が緊張するような事態を招くならば、日本の納税者がそのような援助政策に賛成するだろうか。
 私たちがめざすのは、援助を提供することで日本がどのような利益を得るのか、わが国にとって望ましい援助政策とはなにかを探索することである。そもそも、日本への貢献が期待できないのであれば公金を投入して政府が援助を行なう意義を主張できず、納税者に対して説明がつかなくなる。援助に限らず政策とはすべからくそういうものであり、主権者への説明責任を負っている。援助が政府の行なう政策である以上は、援助を受け取る国における効果と同時に、日本にとっていかなる意味と効用があるのかをはっきり示さなくてはならない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順