今や「BICS」ロシア経済減速で首相更迭も

名越健郎
執筆者:名越健郎 2013年4月19日
エリア: ロシア

 ロシア経済がいよいよ減速し、低成長時代に入りつつある。低成長が続けば、政権基盤の動揺につながりかねない。プーチン大統領は閣僚の首のすげ替えによって強行突破を図ろうとしており、国民の不満が強まれば、メドベージェフ首相の更迭につながる可能性もある。

 今年1-3月のロシアの国内総生産(GDP)伸び率は1.1%で、鉱工業生産の伸びはゼロだった。経済発展省は今年の成長率を3.6%から2.4%に下方修正したが、同省幹部はこれも楽観的すぎ、1%前後にとどまるとみている。昨年の伸び率は3.4%だった。

 中国、インド、ブラジルなど他の主要新興国と比べて鈍化が顕著で、「BRICS」をもてはやした米投資会社ゴールドマン・サックスは、今やロシアを除いて「BICS」と呼び始めている。

 低成長の原因は、欧州の通貨危機で輸出の6割以上を占める石油・ガス輸出が低下したことが大きい。原油国際価格も4月17日には1バレル=86ドルと4カ月ぶりの安値となった。米国のシェールガス革命やシェールオイル開発で、今後石油・ガス価格は下落する可能性が強い。エネルギーで大国復活を目指すプーチン戦略は変調を来している。この間のキプロス危機も打撃を与えた模様だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順