欧州リーグと中東マネー

星野 智幸
執筆者:星野 智幸 2013年4月22日
エリア: ヨーロッパ 中東

 4月上旬に行なわれた欧州チャンピオンズリーグ準々決勝、バルセロナ対パリ・サンジェルマン(以下パリSG)の試合。内容的には、世界最強の1つであるバルセロナに対し、パリSGは一歩も引かず、ホーム、アウェイとも引き分けた。惜しくもアウェイゴール数の差で敗退したが、強豪復活を世界中に印象づける好ゲームだった。

 

カタール、ドバイ、アブダビ……

 競り合うバルセロナのメッシ(右)とパリ・サンジェルマンのベッカム (C)AFP=時事
競り合うバルセロナのメッシ(右)とパリ・サンジェルマンのベッカム (C)AFP=時事

 このコラムで注目したいのは、両チームのユニフォームの胸のスポンサーである。バルセロナの胸には「カタール財団」、パリSGには「Fly Emirates」。ご承知のとおり、カタール財団はカタール王室の運営する巨大なNPO(非営利団体)であり、エミレーツはドバイの航空会社だ。いずれも、中東マネーがメインスポンサーを務めているのである。ちなみに、バルセロナがパリSGの前にベスト8を賭けて戦ったイタリアの名門ACミランの胸にも、「Fly Emirates」の文字があった。

 それだけではない。パリSGのオーナーの座には、2年前にカタールの投資会社が就いた。そのオイルマネーで、ACミランからイブラヒモビッチやチアゴ・シウバら主力選手をごっそり引き抜き、他にも有望な選手を次々と購入、また、フロントの幹部と監督にはACミランで一時代を築いた大物を就任させた。まるで、イタリアの経済危機で傾きつつあるミランを、カネの力でパリに移したような出来事だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
星野 智幸
星野 智幸 作家。1965年ロサンゼルス生れ。早稲田大学第一文学部を卒業後、新聞記者をへて、メキシコに留学。1997年『最後の吐息』(文藝賞)でデビュー。2000年『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞、2003年『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、2011年『俺俺』で大江健三郎賞を受賞。著書に『ロンリー・ハーツ・キラー』『アルカロイド・ラヴァーズ』『水族』『無間道』などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順