ロシアが「弱み」を握る二人のウクライナ女性

2005年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ ロシア

 ウクライナの野党勢力が旧ソ連型支配のクチマ体制を追い詰めた「オレンジ革命」。その中枢にいる二人の女性に、ロシアが“圧力”を強めている。 そのひとりは、一躍民主化の星となったユシチェンコ元首相(五〇)の妻、カタリナ夫人(四三)。ウクライナ移民の娘として米国で生まれ、名門のジョージタウン大学、シカゴ大学大学院で苦学した後、米政府職員に。レーガン政権時代、ホワイトハウスや国務省の東欧、人権部門に勤務し、「機密活動にも関わった」(キエフの消息筋)といわれる。 ソ連解体後、米投資家ジョージ・ソロス氏のソロス財団などが設立した米・ウクライナ基金を主宰。ウクライナの民主化や市場経済促進を図った。この基金設立には米中央情報局(CIA)が関与している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順