ヴァン・ゴッホはなぜ殺されたのか

執筆者:サリル・トリパシー 2005年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

イスラム社会の女性への暴力を攻撃した映画が殺人と脅迫を呼び、オランダ社会にショックを与えている。[ロンドン発]世界中の目がアメリカ大統領選挙に集まっていた二〇〇四年十一月二日、オランダ人映画監督で画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの甥の孫であるテオ・ヴァン・ゴッホ(四七)は、自転車にのって仕事場に向かっていた。テオは、ユダヤ人であれイスラム教徒であれ、自分と見解が違うあらゆるものや人に意見することで有名で、当時は、外国人排斥を訴えて二〇〇二年に動物擁護過激派に暗殺されたオランダの極右政治家ピム・フォルトゥインに関する映画を製作中だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順