アフリカに接近するイランの狙い

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2013年4月26日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: アフリカ 中東

 4月27日から始まるゴールデンウィーク期間中に、安倍内閣の閣僚19人(首相を含む)のうち13人が外国訪問を計画しているそうだ。首相はロシアと中東3カ国を訪問する予定だが、他の12人のうち、半分の6人は米国を訪問する予定だという。安倍政権が米国との関係を極めて重視していることがよく分かる。閣僚の訪問先は、時の政権がどの国との関係を重視しているかを示す指標だからだ。

 では近年、サハラ砂漠以南アフリカ諸国に、最も積極的にアプローチしてきた国はどこだろうか。中国のアフリカ進出は今や知らない人のいない話だが、要人の往来という観点から見た場合、中国を凌ぐ勢いでアフリカにアプローチしてきた国がある。核開発によって米欧との関係が悪化しているイランである。

 

大統領「最初」と「最後」の外遊先

 イランのアフマディネジャド大統領が4月14日から18日にかけて西アフリカのベナン、ニジェール、ガーナの3カ国を訪問し、それぞれの国の首脳との間で経済協力の拡大などに合意した。

 イラン憲法は大統領の3選を禁じており、アフマディネジャド氏は6月14日に投票が実施される大統領選に出馬できない。今回のアフリカ歴訪は、アフマディネジャド氏の最後の外国訪問となる可能性が高い。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順