【インタビュー】モーガン・スパーロック(映画監督) ファストフードを食べ続けたら僕の体が壊れていった

執筆者:草生亜紀子 2005年1月号

 一日三食一カ月間、ファストフードを食べ続けたらどうなるか? ドキュメンタリー映画『スーパーサイズ・ミー』のモーガン・スパーロック監督は、体を張って人体実験を行なった。 果たしてその結果は――? 詳細は十二月二十五日から公開の映画に譲るが、わずか一カ月の間に体重は十一キロ増加し、健康体は瞬く間に蝕まれていった。 始まりは軽やかだった。肥満の若者が「ハンバーガーが原因である」としてマクドナルドを訴えたというニュースを見た監督は、自らを実験台にすることを思いつく。マクドナルドの巨大ハンバーガーにひっかけて、「さあ、僕を特大にしてくれ!」と笑いながら、ファストフード漬けの生活はスタートした。実験のルールは四つ。一、マクドナルドで売っているものしか食べない。二、スーパーサイズを勧められたら断らない。三、すべてのメニューを一度は食べる。四、三食すべて残さず食べる。 ところが、スクリーンには次第に陰鬱な空気が流れ始める。「実験中、体の状態をチェックしてくれた三人の医師は、一カ月ファストフードを食べ続けたところで、せいぜい体重が五、六キロ増えて、コレステロール値が高くなる程度と予想していた。ところが体調の悪化は予想をはるかに超えて、まるで自分の体が壊れていくようだった」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順