「日本原電」の危機

執筆者:フォーサイト編集部 2013年4月30日

本日の更新記事は、杜耕次さんの「『日本原電』危機は『電力業界崩壊』の序曲」です。敦賀と東海村に、合わせて3つの原発を持つ卸電力会社・日本原電。しかし、3基の原発は再稼働のメドが立たず、廃炉が不可避の情勢。「破綻」が迫る中、「業界のドン」も沈没寸前の船から逃げ出しました。

「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

アフリカに接近するイランの狙い」(アフリカ、白戸圭一さん):アフリカへの接近と言えば中国が思い浮かびますが、要人の往来という点から見ると、イランは中国を凌ぎます。狙いはウランか、国際会議での支持取り付けか。

『移民法改正』にブレーキをかけた『ボストン・テロ』の衝撃」(アメリカ、足立正彦さん):銃規制法案が葬り去られた今、移民法改正はオバマ政権にとって、政策上の果実となるはずでした。しかしボストンで起きたテロにより、改正の動きに暗雲が。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順