「百万台」の公約が危うくなった日産の焦り

2005年1月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

[ニューヨーク発]「百万台増ではなくて九十九万台だったら、私は辞めるべきですか?」。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は最近、こんな微妙な物言いをするという。 二〇〇四年十月からの一年間で、いま(二〇〇一年度末)の数字に百万台を上乗せした新車を売る――。仏ルノーから日産に乗り込んで、驚異的な財務リストラに成功したゴーン社長。彼は二〇〇二年に、財務から本業復活に力点を移す新中期経営計画「日産180」を打ち出した。 世界市場での新車販売「百万台増」は、この時の殺し文句だ。ゴーン社長は「達成できなければ辞任する」と胸を張ったものだった。増やすという百万台の内訳は、去る九月の修正を経て米国三十六万台、日本二十二万台、欧州七万台、「その他地域」が三十五万台。これを二〇〇一年度の新車販売台数に加えれば、世界で三百五十九万七千台になる。 カリスマ経営者に祭り上げられた辛さ。〇五年九月の期限が近づくにつれ、「あの大見得を覚えているか」という類の質問が増えてきたのだろう。もちろんゴーン社長も公約達成のため、ある意味では万全の布陣を敷いている。〇四年四月から、最大の販売増を見込んでいる北米事業を自らの統括下に置いたのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順