オランド仏大統領来日前の「拭えない懸念」

国末憲人
執筆者:国末憲人 2013年5月7日
エリア: ヨーロッパ

 フランスのオランド大統領が6月6日から8日まで、国賓として日本を訪問する日程が固まった。前任のサルコジ氏は大統領任期中に2度来日したとはいえ、1度は洞爺湖サミットへの参加、もう1度は東日本大震災後間もなく数時間立ち寄っただけ。日本への関心の薄さが露骨だった。オランド氏の場合、就任まだ1年しか経っておらず、しかも「国賓」としてという力の入れようだ。かつて親日外交を繰り広げたシラク元大統領ほどではないにしても、日本の地位と実力を正当に評価しようとする姿勢がうかがえる。

 今のフランスが日本に最も期待するのは、産業間の協力だ。これまたサルコジ時代との比較で言うと、財閥や大手グループと親しい関係を築いたサルコジ氏は、戦闘機、航空機、原子炉といった大型商品の売り込みに熱心だった。多数の財界幹部を引き連れた大名行列風の外交は、これら仏大型商品のセールス行脚の様相を見せていた。当然のことながら、仏製戦闘機にも仏製原子炉にも関心のない日本は、相手にするに値しない存在だった。

 オランド政権は、サルコジ氏が見向きもしなかった人権問題も外交の重要な要素として掲げており、少なくとも関心の幅が広いように見受けられる。売り込みも、大型商品ばかりではない。日本に対しては、両国の研究開発面での協力やフランスの研究機関への投資を進めようと画策しているほか、自動車や原子炉開発の分野ですでに進んでいる日仏企業間の連携強化も目指すという。フランスは、中国偏重外交からバランスの取れたアジア外交に立ち返りつつあるといえる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順