マードック“メディア王”、米本土に上陸せり

執筆者:津山恵子 2005年1月号
カテゴリ: IT・メディア 国際 金融
エリア: 北米

ニューズ・コーポレーションが本社を米国に移した。「愛国主義」に訴えて大統領選報道で圧勝したしたたかさに、アメリカが揺さぶられる。[ニューヨーク発]“メディア王”ルパート・マードック氏(七三)率いるメディア複合企業ニューズ・コーポレーションが、誕生の地オーストラリア・アデレードを離れ、米国に本社を構える米企業に生まれ変わった。 新聞一紙から事業を興して買収につぐ買収を重ね、ハリウッドの名門スタジオから米国で四番目のネットワークテレビ局、そしてほぼ世界中の主要衛星テレビを持つまでに急拡大したニューズ・コーポレーションだけに、米国本格上陸の真意が取り沙汰されている。「マードックの次の餌食は誰?」。米『ビジネスウィーク』誌はこんな書き出しで、ニューズが二〇〇四年末にも米主要企業銘柄の集まるS&P500銘柄入りを果たし、代わりに一社がはじき出されるとの記事を掲載した。 もちろん、マードック氏がS&Pから漏れる企業を選ぶわけではない。が、世界中のメディアを手中にし、派手な買収話に事欠かないマードック氏が米本土に上陸することへの、米国側の複雑な心理をよく表している。常に次の一手が注目されるマードック氏ゆえ、米国中の耳目を引き付けずにはいられないのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順