「大型連休廃止論」が政府内で検討される理由

2005年1月号
エリア: 中国・台湾

「黄金週(大型連休)制度は現在のところ取りやめになっていない。国家旅遊局の責任者は今日、はっきりとこう表明した」 中国中央テレビ(CCTV)は十二月八日正午の「新聞三十分」で突然こんなニュースを流した。例によって短すぎる大本営発表ゆえ経緯が分かりにくいが、ほとんどの視聴者は大型連休の廃止がいつの間にか政府内で検討され、理由も分からぬまま廃止が見送りになっていたことを知らされた。 中国には春節(一月下旬から二月上旬ころ)と労働節(五月上旬)、国慶節(十月上旬)の三つの大型連休がある。期間はそれぞれ一週間。行政指導による制度化は、一九九九年の国慶節から始まった。消費を刺激しアジア金融危機後のデフレ傾向から抜け出すことが狙いだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top