「iモード」伸び悩みでNTTドコモが仕掛ける英国上陸の狙い

2005年1月号
エリア: ヨーロッパ

 NTTドコモが英国の携帯電話事業者mmO2に、携帯インターネットサービス「iモード」の技術を供与することで合意した。業界の巨人、英ボーダフォンとは異なるタイプの国際連合づくりを目指すドコモは、英国進出をそのステップボードに変えられるだろうか。 二〇〇二年春以来、欧州ではフランスやドイツ、オランダなど計七カ国の事業者がドコモの技術協力を受け、iモードを展開してきた。しかし加入者数は三百万人(二〇〇四年六月末)にとどまっており、「満足できる数字ではない」(ドコモ首脳)。ボーダフォンが二〇〇二年末にスタートさせたデータ通信サービスの「ボーダフォンライブ!」はすでに欧州で一千万人以上の加入者を集めている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順