メルケル首相も失望した「名門バイエルン会長」の脱税醜聞

佐藤伸行
執筆者:佐藤伸行 2013年5月9日
エリア: ヨーロッパ

 5月25日に行なわれるサッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)の決勝はバイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムントというドイツ強豪同士の対決となった。ドルトムントは、若きスーパースター、MFマリオ・ゲッツェがバイエルンに引き抜かれる(移籍は7月の予定)という衝撃の渦中での試合となり、首脳陣のバイエルンへの敵愾心は沸騰状態にある。片や、バイエルンには、名門チームの育ての親とも言うべきウリ・ヘーネス会長(61)の巨額脱税事件という未曽有の嵐が吹き荒れている。バイエルン経営陣は、CL優勝によって名誉を挽回し、今の難局を「正面突破」しようという心算であり、ドルトムントとの戦いは負けられない一戦になってしまった。

 

総選挙にも影響

 ヘーネス会長の脱税事件は、野党・社会民主党(SPD)や緑の党がメルケル政権の脱税対策を批判するなど、9月の総選挙にも影響を与えかねない大問題となっている。それだけにメルケル首相は疑惑発覚後、ヘーネス会長に「失望させられた」と早々とコメントし、降りかかる火の粉を払うのに躍起となった。サッカー好きのメルケル首相はヘーネス会長と親交があったが、総選挙を控えた怜悧な政治判断としては、会長をばっさり斬り捨てるしかないということだったろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐藤伸行
佐藤伸行 追手門学院大学経済学部教授。1960年山形県生れ。85年早稲田大学卒業後、時事通信社入社。90年代はハンブルク支局、ベルリン支局でドイツ統一プロセスとその後のドイツ情勢をカバー。98年から2003年までウィーン支局で旧ユーゴスラビア民族紛争など東欧問題を取材した。06年から09年までワシントン支局勤務を経て編集委員を務め退職。15年より現職。著書に『世界最強の女帝 メルケルの謎』(文春新書)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順