汚職と内紛で自滅したインド最大野党BJP――カルナタカ州議会選

執筆者:緒方麻也 2013年5月10日
カテゴリ: 国際 政治

 IT(情報技術)都市バンガロールを擁するインド南部の中核・カルナタカ州で州議会選挙(5月5日投票、8日開票)が実施され、中央与党の国民会議派が定数224議席中単独過半数を占める121議席を獲得、州政権奪回に成功した。閣僚や官僚の相次ぐ汚職や経済成長の減速など、逆風が続いていた国民会議派にとっては久々の明るい話題だが、同党陣営では誰も浮かれるそぶりを見せていない。有権者のシビアな審判はまさに「明日は我が身」。身内に新たな汚職スキャンダルが浮上している国民会議派では、むしろ党内の引き締めを図る動きすら出ている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top