古賀誠元幹事長 剥がされたくない「実力者の薄皮」

2005年1月号
カテゴリ: 政治 金融
エリア: 日本

「本当は俺、彼らとは一緒にされたくないんだよなぁ」 自民党の古賀誠元幹事長(六四)は、加藤紘一元幹事長(六五)、亀井静香元政調会長(六八)とともにイラクからの自衛隊撤退を訴えながらも、「3K」として一緒くたにされることに複雑な胸中を漏らす。「小泉さんは独裁的、ファッショ的政治をしている。議院内閣制の根幹を崩してはならない」と声を荒げたかと思えば「小泉政権は恐らくあと二年続く。政権はそう簡単に倒れるものではない」とトーンダウン――小泉純一郎首相に対して“シンパ”でも“アンチ”でもない曖昧な政治姿勢に終始してきた古賀氏には、「反小泉」のレッテルを貼られることへの逡巡がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top