饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(180)

エリゼ宮所蔵ワイン放出で「饗宴を緊縮」する オランド大統領

西川恵
執筆者:西川恵 2013年5月14日
エリア: ヨーロッパ
 エリゼ宮は「聖域」のはずだったが……(C)時事
エリゼ宮は「聖域」のはずだったが……(C)時事

 フランス大統領官邸のエリゼ宮がオランド大統領の下で饗宴の見直しに着手した。具体的には、首脳外交の饗宴に出すワインを高価なものから相対的に安価なものにし、料理を含めた支出を抑制する。これまでエリゼ宮の饗宴予算は事実上青天井だったが、経済低迷と緊縮財政で“聖域”にも手がつけられることになった。見直しの第1弾としてエリゼ宮は今月末、ワイン1200本を放出し、オークションにかける。

 

最高級銘柄が目白押し

 

 今月30日と31日、パリで行なわれるオークションに出品されるワインは、エリゼ宮が保有するワイン全体の10分の1に当たる。

「人数分が揃っていなかったワインを中心に放出する。棚卸をし、カーヴを整理するのも目的。オークションの売り上げは新たなワイン購入にあてる」

 と説明する。

 もちろんすべてフランスワイン。ボルドー地方はペトリュス、シャトー・シュヴァル・ブラン、シャトー・ラ・トゥールなど最高級の銘醸ワインが目白押し。このうち1990年のペトリュスの落札価格は2200-2500ユーロ(約28万円-32万円)と予想されている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順