行き先のない旅
行き先のない旅(20)

17世紀の絵画に見るオランダの「宗教とモラル」

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2005年1月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

 アムステルダムの国立美術館にあるフェルメールの前には、日本からも多くの人が足を運んでいる。窓から差し込む陽光の温かみや、ミルクを注ぐ音まで感じ取れそうな静謐な空間。まるでスナップショットのように人物の一瞬の表情を永遠の中に封じ込めた作品は、比較的最近まで、当時のオランダの室内風景を忠実に再現した写実的な作品だと思われてきた。 しかし、写真とみまがうばかりに緻密にかかれたオランダ風俗画には、なぜそこに描き込まれたか判らない場違いな小道具が登場する。ここ二十年ほどの研究では、この風俗画が実際の風景ではなく、当時、誕生間もないオランダの国策だった宗教教育、モラル指導を反映していることが判ってきた。 たとえば、フェルメールと同時代の画家ヤン・ステーン(一六二六頃―七九)のこの絵。床いっぱいに食べ物や食器が散らかった部屋。犬や豚が食べかすに鼻をくっつけている。グラスを片手に媚びた視線をこちらに投げかける派手な衣装の女。その膝に気安く足を乗せる男。画面左側には、居眠りをする女の周りに、いたずらをする子供たちが描かれている。 お祭り騒ぎの後を描いたと思えなくもないが、それにしては、部屋の真ん中の天井に吊り下げられた箒などが入った籠の意味が判らない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順