ウクライナ「オレンジ革命」の真実

名越健郎
執筆者:名越健郎 2005年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ ロシア

「ユーシェンコ、ユーシェンコ」 大統領選の不正問題で紛糾したウクライナの首都キエフは、朝から夜中までオレンジの旗やリボンを掲げた数十万人のデモ隊が、親欧米派の野党候補ユーシェンコ元首相の名を大声で連呼しながら練り歩く。車もそれに合わせて3回クラクションを鳴らし、街全体が解放区の雰囲気だった。 同氏は9月に体調を壊し、ハリウッドスター級の容貌はすっかり変わったが、カリスマ性と大衆動員力は増大。権威主義的なクチマ政権を追い詰めた。対する親ロシア派の与党候補ヤヌコビッチ首相は、悪玉とみなされる。青年時代、婦女暴行や窃盗で2度投獄され、現在は東部マフィアの代表格と指摘される。だから、ウクライナ人はアネクドートで首相を徹底批判する。 大統領選決選投票の日、ヤヌコビッチ首相の補佐官が首相に報告した。「良いニュースと悪いニュースがあります。良いニュースは、中央選管が首相の当選を発表しました」「悪いニュースは何だ」「投票した人はほとんどいません」 ヤヌコビッチ首相が車で視察中、ブタを轢き殺してしまった。首相は財布から100ドル出して運転手に渡した。「これで村の住民に謝ってきてくれ」 運転手が住民に言った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順