インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

「インテリジェンスの政治化」で混乱するシリアの「サリン疑惑」

春名幹男
執筆者:春名幹男 2013年5月15日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中東 北米
 シリアはサリンを使ったのか?(5月1日のメーデー、ダマスカスで労働者を激励するシリアのアサド大統領=右=[国営シリア・アラブ通信提供])(C)AFP=時事
シリアはサリンを使ったのか?(5月1日のメーデー、ダマスカスで労働者を激励するシリアのアサド大統領=右=[国営シリア・アラブ通信提供])(C)AFP=時事

 オバマ米大統領は昨年来、シリアのアサド政権に対して、「化学兵器の使用」は「レッドライン(許容できない一線)」を越えたものとみなす、と繰り返し警告してきた。

 だから、4月25日「シリアが化学兵器を使用した」との米情報機関の「評価」が発表された時、これで、米軍はシリア内戦に介入か、と思った人は少なくなかっただろう。

 しかし、この評価は最終的な結論ではなかった。同日ホワイトハウスで、記者団に対して匿名で背景説明をした米政府高官は「情報評価だけでは十分ではない。確実性のある、信頼できる事実を得て、初めて意思決定をする」と述べた。この程度のインテリジェンスでは米国は介入を決められないというのだ。

 オバマ政権はこの日、一方では「シリアが化学兵器使用」と言い、他方、情報の確実性は「不十分」と弁解した。こんなちぐはぐな姿勢からは、(1)米情報機関が得た情報は内容的に微妙、(2)オバマ政権は介入に極めて慎重――という複雑な事情が読み取れる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順