中東―危機の震源を読む
中東―危機の震源を読む(2)

イラクを傍観できなくなった周辺国の変容

池内恵
執筆者:池内恵 2005年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 年末年始をエジプトのカイロで過ごした。中東への渡航は三カ月ぶりだが、アラブ・メディアの論調は移り変わっていた。一月三十日に予定されるイラク国民議会選挙が近づくにつれて、現行の政治プロセスそのものを拒絶してみせる論調は影を潜め、武装勢力によるテロリズムを「レジスタンス」として称揚する傾向のあった周辺アラブ諸国の報道も沈静化している。 イラクの武装勢力が自らは姿を現さず攻撃の矛先をもっぱら無防備なイラク人に向けていることは、支持や共感の余地を狭めている。また、二〇〇四年十一月二十三日に主要八カ国(G8)と周辺国の閣僚を集めて開かれたエジプトのシャルム・シェイク会議で、イラク統治基本法とそれに基づく国連安保理決議一五四六に示された政治プロセスを追認したことは、周辺諸国が非協力を貫くことを難しくしている。 そして、近隣のアラブ諸国は政権と人口の大半がスンニー派であり、イラクにシーア派の理念を前面に出した政体が成立することを危惧している。アラブの民族意識からは、イラクがシーア派国家としてイランの影響下に入る事態は耐え難い。 現状では、比較的治安の安定したシーア派地域で円滑に選挙が実施されることによって、ただでさえ人口で多数を占めるシーア派が、一方的に多数の議席を占有することになりかねない。もはや「アメリカの軍事力による民主化の強制など不可能」と揶揄していられる段階ではなく、より多くのスンニー派勢力の選挙参加を可能にするための仲介に本腰を入れざるを得なくなっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順