アッバスとシャロン―まだまだ遠い和平への道程

執筆者:立山良司 2005年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

パレスチナの新たな指導者が決まり、イスラエルでもガザからの撤退に道筋がついた。滞っていた中東和平は前進するのか。 年明け早々の一月九日に行なわれたパレスチナ自治政府長官(議長)選挙では、予想通りPLO(パレスチナ解放機構)のマフムード・アッバス(通称アブ・マーゼン)議長が当選し、「アラファト後」の体制づくりが本格的に始動した。イスラエルでもシャロン首相による連立工作が実を結び、ガザ地区のユダヤ人入植地から撤退する態勢が整い始めた。「和平達成の好機」と期待されている二〇〇五年はその意味で好スタートを切った。だが、和平への動きが現実化するにつれ、それぞれの社会の内部対立が顕在化し始めている。双方の指導者は自らの足元を本当に“和平モード”に切り替えることができるのだろうか。指導者の力量とともに、国際社会の関与のあり方も問われている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top