グローバル・ビジネスの新地政学
グローバル・ビジネスの新地政学(13)

成長率6.6%「フィリピン経済」の「目覚め」と「課題」

執筆者:森山伸五 2013年5月23日
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
 「ユニクロ」も去年6月に進出した (C)時事
「ユニクロ」も去年6月に進出した (C)時事

 今、中国に代わって成長地域として活況を呈しているのは、 言うまでもなく東南アジア諸国連合(ASEAN)だ。ASEANの加盟国では1967年の発足時からの加盟国であるシンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアなどが先行して発展、後で加わったベトナム、ラオス、ミャンマー、カンボジアの4カ国は「後発ASEAN」と呼ばれ、発展に格差があった。だが、先行組と後発4カ国の間に埋没して、成長のシナリオが描けないと思われてきた国がある。フィリピンである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順