政治家とは何者か、「専門家の部屋」3本

執筆者:フォーサイト編集部 2013年5月20日

先週金曜日の午後に、野々山英一さんの記事「安倍政権の『歴史認識』は日米間でも『火種』に」をアップロードしました。安倍氏は、予算委員会での答弁で、ムキになる瞬間があります。野党から歴史認識について追及された時が多い。そして、不規則発言を口にする。そういう時には盟友・菅義偉官房長官や甘利明経済再生担当相らになだめられますが、結局同じようなことを繰り返します。米国はそんな安倍氏をどう評価しているのでしょうか。橋下徹大阪市長の慰安婦問題に関する発言についても少し触れています。

本日の更新記事は、宇野重規さんの「政治をゼロから考える(20)政治家とは何者か」です。政治家とは、たとえば官僚ほどは法律や予算についての専門知識を持っていないが、自分の専門の「業界」の利益にこだわることなく、社会全体の利益を考えられる存在。「公共の利益」を実現するために必要な存在と考えるべきでしょう。

「専門家の部屋」では、3本の新エントリ。

『領事館襲撃事件』を蒸し返す米共和党『批判の矛先』」(アメリカ、足立正彦さん):大使ら4人の米国人が死亡した襲撃事件を蒸し返す共和党。攻撃の矛先は、民主党の次期大統領候補・クリントン前外相に向いているのでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順