フィリピン経済成長の「目覚め」と「課題」

執筆者:フォーサイト編集部 2013年5月23日

本日の更新記事は、森山伸五さんの連載「グローバル・ビジネスの新地政学」(13)から『成長率6.6%「フィリピン経済」の「目覚め」と「課題」』です。2015年の経済共同体発足を控えたASEANで、フィリピンの経済成長が目立っています。IT‐BPOと呼ばれるビジネス拠点として発展したことと、海外からの出稼ぎ送金額増大が原因のようですが、まだまだ課題も多そうです。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に『IRSの不祥事で「茶会党」は息を吹き返すか』(足立正彦さん)の新エントリ。オバマ政権が目下、批判されている2つの問題のうち、内国歳入庁(IRS)が茶会党系の保守系団体に対してより厳しい税務審査を実施していた問題について、今後の影響などを検証しています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順