アメリカに飛び火したユコス問題を考える

執筆者:喜文康隆 2005年2月号
エリア: 北米

「古い資本主義が新しい資本主義によって終局的にとってかわられた時期をかなり正確に決定することができる。――それはすなわち二〇世紀の初めである」(レーニン『帝国主義』)     *「彼女(判事)がロシアはどこにあるのか知っているかどうか、私には分からない」 ロシア政府が差し押さえた石油企業ユコスの子会社株の競売をめぐって、米国の裁判所が昨年末、ロシアの国営企業ガスプロムなどに参加差し止め命令を出した。プーチン大統領はこの判断について冒頭のように述べ、たたみかけるように「国際法に反するもの」と厳しく批判した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順