イスラム過激派を巡る不毛な議論(上)日本の情報収集能力

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2013年5月25日
カテゴリ: 外交・安全保障 社会
エリア: アフリカ 中東

 6月1日から横浜で、第5回アフリカ開発会議(TICAD Ⅴ)が開かれる。岸田文雄外務大臣は今年3月、エチオピアで開かれたTICAD Ⅴ閣僚級準備会合で、テロ・治安対策を柱にした総額約5億5000万ドルの対アフリカ支援策を明らかにしている。岸田外相は演説で「人々が安心して経済社会活動に取り組める平和で安全な社会が成長の基盤だ」と述べ、日本企業のアフリカ投資促進にはテロ・治安対策が不可欠との認識を強調した。

 日本政府は今年1月末、イスラム過激派に一時制圧されたマリ北部の情勢安定化への貢献策として、アフリカ連合のマリ支援国際部隊に1億2000万ドルを拠出することも表明している。米国、欧州連合、南アフリカなども拠出表明したが、最も多額の拠出を表明したのは日本だ。

 これら一連の資金拠出が、アフリカにおけるイスラム過激派テロへの対策を念頭に置いたものであることは明らかである。今年1月のアルジェリア・イナメナスの天然ガスプラント襲撃事件で多数の犠牲者を出した国として、現状で可能な限りの支援策を表明したことは評価されるべきだ。アフリカのイスラム過激派対策を重要政策課題に位置付けたことも、日本外交の新たな動きとして注目できる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順