饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(85)

5人の大統領の味覚を知るある料理長の引退

西川恵
執筆者:西川恵 2005年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 三十九年にわたってエリゼ宮(フランス大統領官邸)の厨房をあずかってきた料理長、ジョエル・ノルマン氏(六〇)が十二月三十一日、定年で退職した。仕えた大統領はドゴールから現在のシラクまで五人。今日のエリゼ宮の華麗な饗宴料理を築いた功労者だった。 ノルマン氏とはパリ特派員時代に取材を通じて知り合い、以来、私がフランスを離れてからもコンタクトをとってきた。十二月半ば、日本から一足早い退職祝いの国際電話をエリゼ宮に入れた。「いつ饗宴が入るか分からないからまだ退職気分なんて全くないよ」。聞きなれた野太い声が、厨房の喧騒とともに受話器から伝わってきた。 欧州政治の一中心をなすフランスだけに、外国首脳や特使の突然の訪問は度々あり、突発的に饗宴が入ることも多い。「二十四時間気が抜けない」と氏はかつて語っていたが、退職間際とて例外ではないのだろう。 ノルマン氏は父が料理人だったこともあって、小さい時から料理人になろうと決めていた。中学校卒業後、出身地の仏中西部ウール・エ・ロワール県のレストランなどで修業し、英国貴族の専属料理人として英オックスフォードにある貴族の館で働いたこともある。仏空軍基地の将校レストランの料理人だった時、その腕を見込んだ将校の一人がエリゼ宮に紹介してくれた。六五年、二十一歳の若さだった。最初は下働きだったが、すぐに料理次長に抜擢され、八四年から料理長として二十余人の料理人を率いてきた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順