「戦うプリンセス」の本当の仕事

名越健郎
執筆者:名越健郎 2005年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 黒人女性として米国初の国務長官に就任するコンドリーザ・ライス大統領補佐官(50)は、「戦うプリンセス」と呼ばれる。端正な容姿、歯切れのいい発言、貧しい家庭からの飛躍。ブッシュ大統領は「わたしに分かるように外交問題を説明できる唯一の人物」と絶賛する。米国では、早々と2008年の大統領候補に推す声もある。調整役から長官への抜擢で、外交をどう陣頭指揮するかが見ものだ。 ブッシュ大統領がパーティーでライス新国務長官を紹介した。「コンディはクラシックピアノが得意で、フィギュアスケートはプロ級。4カ国語を操り、論文、著書は多数……」 これを聞いた出席者が言った。「彼女ができないことは、外国と仲良くすることだけだ」 2008年の米大統領選について、ブッシュ大統領の側近たちが不出馬を表明した。 パウエル国務長官「妻が反対する」 ライス補佐官「ホワイトハウスの執務室にいた時間は大統領より長い」 チェイニー副大統領「実質的に大統領を務めてきた」 ライス補佐官がブッシュ大統領に中国の胡錦濤(Hu Jintao)国家主席の就任を報告した。Rice: I have the report here about the new leader in China. is the new leader of China.

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順