財界の「老害」問題

執筆者:フォーサイト編集部 2013年6月13日

本日の更新記事は、杜耕次さんの「いよいよ深刻化する財界『老害』問題」です。かつてはその存在や発言の重さから「財界総理」と敬称をつけられた経団連会長。しかし、現在の米倉弘昌会長に対しては、軽率な発言がたび重なったり指導力のなさが指摘されたりすることが多く、いよいよ「老害」との批判が高まっているようです。

「専門家の部屋」では、「東南アジア」に「“熱帯への進軍”最前線を歩く(3) ミャンマーから昆明への“援習ルート”」(樋泉克夫さん)の新エントリ。好評の短期集中連載の第3回目ですが、今回は日本軍の行動にも遡って歴史を振り返りつつ、ミャンマーから昆明に至る援習(近平)ルートを考察。中国のエネルギー戦略も見えてきます。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順