インド洋ミャンマー領諸島に中国の電波傍受施設

2005年3月号
カテゴリ: 国際

 中国が、ミャンマー領のココ諸島に置いている電波傍受施設の再建に取りかかった。施設は昨年暮れのインド洋大津波で若干の被害を受け、十日間閉鎖されていた。 ココ諸島はインド領アンダマン・ニコバル諸島の北に位置し、大小二つのココ島からなるミャンマーの領土。ところが、中国は一九九四年にミャンマーとの間で租借契約を締結。以来、いずれの島についても実効支配を続けてきており、ロシア製の強力なレーダーと、電波傍受施設を設置している。 のみならず、中国は近隣のマンアン、ハインギー、ザデトチの各島にも無線傍受のための通信設備を保有。さらに消息筋によれば、小ココ島に小規模の滑走路を建設する特別協定まで結んだ模様だ。 インド空軍の軍事施設があるアンダマン・ニコバル諸島からココ諸島まではわずか数十キロ。中国はココ諸島やその周辺から、インド軍ばかりかマラッカ海峡―インド洋にかけての米軍の動きも監視できる。 昨年末の津波では、カー・ニコバル島のインド軍施設が壊滅的な被害を受けた。一方、ココ諸島の中国軍施設は、高台にあったためか、損害は小さかったという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順