やはり「兄弟の争い」となった西武問題の因縁と背後

執筆者:杜耕次 2005年3月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

弟たちの告発により「骨肉の争い」と化したのは案の定というべきか。しかし、西武崩壊劇にはまだ先の展開がありそう。二号にわたってレポートする。 西武グループの解体が始まった。主力銀行が主導する西武グループ経営改革委員会(改革委)は一月末、債務超過の危機に瀕する中核会社コクドを会社分割し、一部を西武鉄道と合併させると発表。コクドの一〇〇%子会社プリンスホテルも合併会社が吸収するという。赤字のホテルやゴルフ場の売却先として内外の投資ファンドの名も浮上してきた。 オーナーの地位返上を迫られている創業家の二代目、堤義明(七〇)は自身の逮捕も取り沙汰される西武鉄道株のインサイダー取引疑惑で身動きが取れず、かろうじて、「検討のために一カ月の猶予を」と改革委委員長(太平洋セメント相談役)の諸井虔(七六)に求めた。 他方、これまで沈黙を守ってきた義明の実弟二人がここに来て「コクド株の大半は堤家の財産」と主張。義明の財産独り占めを非難しながら、改革委による「株主を無視した西武グループの解体」にも異議を唱え始めた。背景には長年鬱積した感情のもつれがあり、未解決の遺産問題が西武再建の障害になる懸念が拡大。慌てた改革委は、義明に代わるグループCEO(最高経営責任者)として送り込む前みずほコーポレート銀行副頭取の後藤高志(五六)の西武鉄道社長就任日を、当初の六月から一カ月繰り上げることにした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順