足場が崩れた韓国「日本非難」の虚構

執筆者:黒田勝弘 2005年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

日韓国交正常化に関する外交文書の一部が公開され、根拠を失った「反日」の矛先は韓国政府に向かっている。[ソウル発]韓国で乳酸菌飲料を大衆的な商品として普及させたのは日本のヤクルトである。「韓国ヤクルト」としてその歴史は三十年以上になり、韓国で成功した日本企業の代表例のひとつである。しかし「ヤクルト」が元は日本の商品であることを知っている韓国人はほとんどいない。 進出当初、韓国の反日感情を考慮してヤクルト側が日本イメージを控えたということもある。その代わりにヤクルトは“薬(ヤク)イメージ”で韓国の消費者の心をつかんだ。それと「ヤクルトおばさん(韓国語ではヤクルト・アジュマ)」によって韓国社会になじみとなった。配達員を女性にし、こぎれいな帽子にユニホーム、そしてカートというおそろいの姿がうけた。 これによって韓国におけるこの種の配達員の社会的地位は一挙にあがった。他の牛乳などの各種配達員の姿もこれにならった。「ヤクルトおばさん」は主婦をはじめ女性のパートによる社会進出の草分けにもなった。韓国社会における一種の文化革命である。 文化革命といえばロッテ・デパートなどもそうだ。韓国での登場はヤクルトより後になるが、日本資本(在日韓国人)のロッテ・デパートは韓国の百貨店文化を一変させた。韓国の百貨店で初めて女性店員が「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」と頭を下げるようになったのである。「お客様は神様です」という日本文化を導入したのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順