サウジがパキスタンから武器を買う理由

執筆者:ラムタヌ・マイトゥラ 2005年3月号
カテゴリ: 国際

 サウジアラビアとパキスタンが総額十二億ドルの軍事協定を結んだ。これにより、今後十年の間に、パキスタンはサウジアラビアに対し、航空機や戦車、装甲車や潜水艦を売却することになる。合意によれば、サウジアラビアは武器代金を石油で支払い、パキスタンの武器増産に必要な資金の一部も提供するという。 両国が武器取引に合意したのは二〇〇三年のことで、二〇〇四年秋に武器の供与が始まった。最初に提供されたのは、パキスタン・エアロノーティカル・コンプレックス社製のスーパー・マシャク練習機で、二十機(総額三千四百万ドル)がサウジアラビア空軍に納入される。第一陣の八機はすでに納入され、残る十二機も年内に売却される。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top