パリ市長を争う2人の女性

国末憲人
執筆者:国末憲人 2013年6月18日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ヨーロッパ

 来年3月のフランス統一地方選に向けて、事実上の選挙戦が始まった。オランド政権が昨年5月の発足後初めて迎える大型選挙で、今後の政権の安定性を決める正念場だといえる。中でも注目を集めるのは、首都パリの市長の座を左右どちらが射止めるか。パリは、12年間にわたって市政を担ってきた左派が様々な実験的政策を展開してきた自治体であり、その是非を問うことは、フランスの今後の方向性を定めることにもつながっている。

 その市長の候補として、社会党を中心とする左派も、右派「国民運動連合」(UMP)も、女性を立ててきた。左派の候補は、アンヌ・イダルゴ現市第1助役(54)。右派の候補はナタリー・コシウスコ=モリゼ元環境相(40)だ。どちらが勝とうとも、初の女性パリ市長の誕生となる。「女の戦い」と、メディアは早くも盛り上がっている。

 

意気込み強い左派

 ドラノエ現市長は、エリート揃いの社会党の中で珍しく地方組織からのたたき上げだ。2001年に当時のジョスパン首相の信頼を得て立候補し、右派の候補者調整の乱れにも助けられて当選した。バスレーンの大幅拡大による乗用車の市内からの締め出しや、市営レンタサイクルの導入、大規模な緑化の推進など、メディア受けする新機軸を相次いで打ち出した。自身が同性愛者であることを公表し、マイノリティーの人権擁護のイベントを開催、各国の政治犯への支援も続けるなど、パフォーマンス性の強い左派的政策は、都市インテリの高い評価を得てきた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順