饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(86)

拡大欧州に共有された“アウシュビッツ”という歴史

西川恵
執筆者:西川恵 2005年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 出張した一月下旬のパリには寒波が襲っていた。テレビをつけても、新聞を広げても、アウシュビッツ強制収容所がナチス・ドイツから解放されて六十周年(一月二十七日)の話題で持ちきりだった。 第二次大戦中、フランスからは数十万人のユダヤ人が強制収容所に送られた。それはドイツ軍占領地域だけでなく、対独宥和のビシー政権支配下においても例外ではなく、ユダヤ人狩りでフランス官憲はドイツ軍に積極的に加担した。ユダヤ人抑圧はアウシュビッツを最初に解放したソ連にも、収容所が置かれたポーランドにも言える。バチカンにしても時のローマ法王はナチスに妥協的だったと、いまなお批判されている。 米英も欧州大陸から逃れてくるユダヤ人に門戸を閉ざし、ユダヤ人団体の民族抹殺の警鐘に耳を貸さなかった。結果として約六百万人のユダヤ人が虐殺された。どの国もナチスの被害者でありながら、加害者でもあった事実から逃れられない。 二十七日、雪が降りしきるアウシュビッツで追悼式典がもたれ、元収容者や遺族ら一万人のほか、欧米など四十四カ国の首脳が参加した。 主催は強制収容所を抱えるポーランドのクワシニエフスキ大統領、アウシュビッツを解放したソ連軍を代表してプーチン露大統領、戦勝国のシラク仏大統領、ブレア英首相、米国のチェイニー副大統領。ユダヤ人を代表してイスラエルのカツァブ大統領。加害国ドイツを代表してケーラー大統領も招かれた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順