「一、二、三=一」――日中韓を表す「形」

執筆者:インゴ・ギュンター 2013年6月25日
カテゴリ: 国際 文化・歴史

 その広大さゆえに、人間が「国」を目で捉えることは難しい。それでも人々は、国旗や国歌、あるいは通貨のような抽象的シンボルで国を意識するのと同じように、国土の形、つまり領土の輪郭によって国を認識する。そして、国の地理的形状や位置は単なるシンボルを超え、その国の文化や歴史に否定しがたい影響を及ぼす。ロバート・D・カプランが近著『地理の逆襲』で説得力たっぷりに述べたように、位置と形はその国の運命に直結しており、無視することはできないのだ。

 

丸を四角にするような……

 1年ほど前、九州新幹線の筑後船小屋駅前に新たに開設される九州芸文館(今年4月27日にオープン)のための彫刻作製を依頼されたとき、私はとてもわくわくした。芸文館の設計は隈研吾氏。自分の作品が隈氏の建築の一部となるという事実のみならず、この芸術センターの意義と目的を体現する作品を創造するという挑戦に心が躍ったからだ。芸文館は、日本、中国、韓国という地域3カ国が文化交流や交易を行なうなかで地政学的結びつきを深めてきた日本の玄関口であった筑後地域を記念するものだと私は理解した。通信や移動手段が増えて、地理的近さのメリットが弱まる前は、この3つの国が隣接していることに歴史上大きな意味があった。だが、九州芸文館は古き良き時代をなつかしむためのものではない。3カ国の人々が直接顔を合わせて、あらゆるレベルでの対話を重ねることにより、今も続く思想や感性の交流を象徴するものとして、この先も重要な役割を果たすことになる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
インゴ・ギュンター メディア・アーティスト。1957年生れのドイツ人。ゲーテ大学で、民族学と文化人類学を専攻するとともに、デュッセルドルフのアート・アカデミーでヨーゼフ・ボイスに師事。その後、ナム・ジュン・パイクのアシスタントをしながら、ビデオアートを学ぶ。地球儀をキャンパスに世界情勢を描く手法で知られ、その作品は1994年から99年までの6年間、フォーサイトの表紙を飾った。フォーサイトのフェイスブックの表紙も最近の地球儀アートの1つ。2006年から07年に東京芸術大学客員教授を務めた。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順