「総合電機」再生に挑む日立の苦闘

2005年3月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

自動車からエスカレーターまで、「電子デバイスを活かしたモノ作り」に懸ける日立。ただ、肝心の利益が上がらない。「もと日産自動車系列」の部品メーカーを、日立製作所が相次いで傘下に収めている。昨年十月には日立ユニシアオートモティブ(旧ユニシアジェックス)、トキコの二社を株式交換で吸収合併した。 日立ユニシアはエンジン周辺部品やステアリング部品の名門だ。またトキコはサスペンションやブレーキの大手。いずれも技術力はあるものの、日産の調達コスト引き下げや系列解体戦略の煽りを受けて、収益面では低迷していた企業だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順