安倍首相がG8で示した「第3の矢」への「覚悟」

磯山友幸
執筆者:磯山友幸 2013年6月27日
エリア: 日本
 自信満々のスピーチだったが…… (C)AFP=時事
自信満々のスピーチだったが…… (C)AFP=時事

 6月19日、安倍晋三首相がG8サミット(主要国首脳会議)に出席するために訪れたロンドン市内で行なった「経済政策に関する講演 」は、さながら世界に向けた投資勧誘だった。

「日本の再興に必要なものは、古い日本を新しくし、新しい日本をもっと強くする、強力な触媒です。対日直接投資に、その期待がかかります」

 5月下旬にあとわずかで1万6000円というところまで迫った日経平均株価は、1万3000円を割る水準まで下落。安倍首相が渾身の力を込めて放ったはずの3本目の矢である成長戦略『日本再興戦略』を6月14日に閣議決定しても、市場はまったく反応しなかった。そんな背景もあったのだろう。安倍首相は熱く投資家に語りかけるように日本への投資を呼びかけた。世界に門戸を開き、海外の投資を受け入れることで、日本を新しく変えていく。そう強調してみせたのである。

 

「構造改革派」VS「抵抗勢力」

 5月からの株式市場の大幅な調整の理由として、市場関係者は「成長戦略への失望」を上げた。期待が大きかった分の反動と言えるかもしれない。昨年末の安倍内閣発足から日経平均株価で5割も上げた上昇が、過熱気味だったのは明らかだ。先物取引と組み合わせた裁定取引の現物株の買い残高が大きく積みあがっていた。いずれは、タイミングをみて売りに回ろうという短期志向の投資家にとって、「期待外れの成長戦略」は格好の売りの「きっかけ」だったのだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
磯山友幸
磯山友幸 1962年生れ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、大阪証券部、東京証券部、「日経ビジネス」などで記者。その後、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、東京証券部次長、「日経ビジネス」副編集長、編集委員などを務める。現在はフリーの経済ジャーナリスト。著書に『国際会計基準戦争 完結編』、『ブランド王国スイスの秘密』(以上、日経BP社)、共著に『株主の反乱』(日本経済新聞社)、編著書に『ビジネス弁護士大全』(日経BP社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順