80時間世界一周
80時間世界一周(7)

多国籍化で「実」をとる地中海の島国マルタの知恵

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2005年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 イタリアのミラノ・マルペンサ空港からアリタリア航空機に乗り込み、二時間ほど南下する。地中海を眼下に、高度が急に下がったと思った瞬間、淡路島の半分程度のマルタ島が視界に飛び込んできた。「海に浮かぶ」という表現がぴったりのマルタは、大中小の三つの島からなる。人口はわずか三十九万人。 天然資源に乏しく、主な産業といえば観光や造船で、なかでも世界遺産に登録されている城壁都市バレッタが売り物だ。海岸には高級リゾートホテルが立ち並び、南フランスやモナコほど高値ではないため、手ごろな値段でリゾートライフが楽しめると好評。多数のヨーロッパ人が休暇で滞在している。地中海の十字路に位置し、小国で政治的にも「汚れていない」ため、イスラエル人やアラブ人も数多く訪れるという。 地中海の歴史を繙けば、必ずといっていいほどマルタは登場する。フェニキア商人が地中海貿易の中継地として活用したのも、ロードス島を追われたヨハネ騎士団が拠を構え、オスマントルコ軍を相手に戦ったのも、ここであった。一九八九年十二月、冷戦の終焉を告げた米ソの首脳会談は、マルタ沖の船上で行なわれた。 小国が繁栄するためには、それなりの知恵が必要だ。たとえ小国でも、人材・構想・資金・ネットワークをうまく組み合わせることで、思わぬ力を発揮できる。その代表例が、マルタにある国際海洋法を専門とする小さな研究所だ。バレッタ市内を見下ろす小高い丘にあるマルタ大学の敷地内に、国連の専門機関IMO(国際海事機関)とタイアップした国際海洋法研究所(IMLI)がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順