堕ちゆく世界の迷走
堕ちゆく世界の迷走(34)

中国「金融バブル崩壊」のマグニチュード

 バーナンキFRB議長の発言が世界を揺るがした (C)EPA=時事
バーナンキFRB議長の発言が世界を揺るがした (C)EPA=時事

 日本と世界のマーケットが乱調を演じている。株価やドル相場に関心のない人たちにとっても、梅雨時のジメジメした気候を思わせる、鬱陶しい日々といっても良いだろう。なぜグローバルな金融市場はかくも揺れるのだろうか。

 震源地はワシントンにある。バーナンキ議長の率いる米連邦準備制度理事会(FRB)だ。2008年9月に起きたリーマン・ショック後の金融危機に対処するため、じゃぶじゃぶに流してきたマネーの蛇口を、景気回復に伴っていくぶん締めるかどうか。バーナンキ議長が金融の量的緩和(QE)の出口に言及した途端に、世界の市場に激震が走った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順