苦境のプーチンが抱く「ミニ・ソ連」の秘策

名越健郎
執筆者:名越健郎 2005年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

グルジア、ウクライナに続き、モルドバでも親欧米政権が選挙で勝利した。ソ連邦の復活を目指すプーチン大統領が温める策略とは――。[ティラスポリ発]旧ソ連圏で今はなき「ソビエト連邦」の面影を最も色濃く残す地域は、モルドバ東部のドニエストル川東岸だろう。 十八世紀からロシア人入植地だったドニエストル地方は、一九九〇年、モルドバの民族主義政策に反発し「沿ドニエストル共和国」の設立を宣言。九二年春、ドニエストル駐留ロシア軍とともにモルドバ軍と「独立戦争」を戦い、双方で千人近い死者を出した。停戦後の政治交渉は不調に終わり、モルドバ側との厳しい冷戦が続いている。共和国はロシアを後ろ盾にし、十五年間事実上の独立を維持。現在も千六百人のロシア軍が「平和維持」の名目で駐留する。 モルドバとウクライナに挟まれた面積四千平方キロメートル、人口約六十万人の小さな細長い共和国は、独自の憲法、議会、自衛軍を持ち、世界のどの国からも認知されない集団である。同時に、旧ソ連のユートピアだ。人口十八万の首都ティラスポリにはレーニン通り、マルクス通りが走り、議会や政府庁舎の前にはレーニン像。工場の屋根には赤旗がなびき、国章は赤い星にツチと鎌。独自通貨「ルーブル」が共和国だけで流通する。町のあちこちに記念碑や戦車が置かれ、英雄市民の写真が掲げられている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順