セネガルで「アフリカ系米国人の大統領」と明言したオバマ

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2013年7月1日
カテゴリ: 政治
エリア: アフリカ 北米

 米国のオバマ大統領が6月26日から7月3日までの日程で、セネガル、南アフリカ、タンザニアのアフリカ3カ国を歴訪している。

 訪問2日目の27日、大統領はセネガルの首都ダカールの沖合に浮かぶゴレ島を訪れた。19世紀の初頭まで奴隷貿易の拠点だった島である。そして、大西洋に面した奴隷収容所の跡地に立ち、米国の方角を望んだ後、記者団に対して短くコメントした。

 筆者は今回、大統領に同行していないが、ホワイトハウスが配信した発言録を読むと、オバマ大統領は次のように発言していた。

 「米国から出て外国を訪れる体験は常に私の心を動かす。(中略)アフリカ系米国人の大統領としてこの地を訪れることは、世界の人権保護に取り組む上での、より強い動機を私に与えるものだ」

 

 この発言には、実は驚くべき要素が含まれている。それは、オバマ大統領が自らについて「アフリカ系米国人の大統領」と明言している点だ。「オバマさんは米国で最初の黒人大統領なのだから、そんなこと当たり前じゃないか」と思われる読者もいるかもしれないが、実はこの発言は極めて異例なのだ。

 

 オバマ大統領は「米国で最初の黒人大統領」と言われるが、父親はケニア人、母親は白人の米国人であり、いわゆる「米国の黒人」の多数を占める奴隷貿易の子孫のアフリカ系米国人ではない。とはいえ、米国の黒人差別の歴史を考えれば、半分とはいえアフリカ人の血を引く人物が超大国のトップに選出されたことには、やはり歴史的な意義があった。また、ミシェル大統領夫人は、いわゆる奴隷貿易の子孫であるアフリカ系米国人である。だから4年半前、オバマ氏が大統領に当選した時、世界中の人々が「米国で初めての黒人大統領が誕生した」と認識し、米国社会が大きく変化していることを痛感した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順