「6・30」デモで再燃したエジプトの革命

池内恵
執筆者:池内恵 2013年7月3日
カテゴリ: 国際 政治 文化・歴史
エリア: 中東

 エジプトの反体制派が組織した6月30日のデモは、狙い通り、あるいはそれ以上の規模に拡大して、一気に政局を流動化させた。カイロのタハリール広場近辺だけでも50万人以上、エジプト全土では少なくとも100万人の動員を行って、ムルスィー大統領を追い詰めている。エジプト軍筋からは全土で「1400万人」が参加したなどという数字すら出されるほどであり(これは誇張か誤報ではないかと思うが)、ムバーラク前大統領を退陣に追い込んだ2011年の2月の大規模デモと同様、あるいはそれ以上の規模である。

 今回のデモの音頭を取ったのは、若者中心の革命派による「反乱(Tamarrod-Rebel)」という運動だ。4月に立ちあがったこの運動は、反ムルスィー大統領の署名をデモ前日までに2200万人分も集めたとされ、分裂しがちな野党勢力と広範な一般民衆を反ムルスィー大統領・反ムスリム同胞団で結集させた。昨年6月30日に就任したムルスィー大統領の在位1周年の記念日を、早くからデモ決行の日と設定して周到に準備した結果である。

二つの「最後通牒」

 デモは今も勢力を保っており、7月2日の夕方(日本時間では3日未明)に再度大規模な集結を図っている。この2日午後5時までのムルスィー大統領の辞任を要求し、辞任がなされない場合は大統領府に突入しかねない勢いだ。大統領府近辺のモスク(Rabia el-Adawiya Mosque)に陣取るムスリム同胞団支持者の集団との衝突も危惧される。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順