江沢民の“遺産”「上海閥」の解体が加速

2005年4月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 中国・台湾

 中国の江沢民・前総書記が率いていた上海閥の解体が加速しそうだ。 胡錦濤総書記は上海のトップ、陳良宇・市党委員会書記を、同じ直轄市である天津市党委書記へ回し、後任には劉延東・党中央統一戦線工作部部長兼全国政治協商会議(政協)副主席(党中央委員)を充てる方針を決め、党内調整を急いでいる。 劉は一九八二年、胡と同時期に共産主義青年団中央書記局入りし、胡が第一書記になってからは常務書記としてコンビを組んだ筋金入りの「団派」。すでに上海市のナンバー2である市長には同じ「団派」の韓正が就いている。江の牙城は全面的に胡の軍門にくだることになる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順