エジプト・クーデターの行方、「対北」で「日本外し」

執筆者:フォーサイト編集部 2013年7月4日

7月3日(現地時間)にエジプトで起こった軍事クーデター。その動きを、池内恵さんが「中東の部屋」の3本のエントリでレポート・解説してくださいました。このクーデターで得をしたのは、主導権を取り戻した軍、復権を果たした警察、旧ムバーラク政権の支持層。しかし、国民の2割5分に強く支持されているムスリム同胞団は、今後、陰謀と街頭行動を全面的に行なうでしょう。エジプトは民主化のボタンを大きく掛け違いました。

ムルスィー退陣へ向け、軍の最後通牒の期限が迫る

「スィースィー将軍のブリュメール18日」を待ちながら

エジプト7月3日のクーデタ──乗っ取られた革命

 

本日の更新記事は、平井久志さんの「『対北』の基軸は『米中韓』へ(上)韓国を中国側へ押しやる『歴史問題』」です。朴大統領の就任後初の訪中でも、蜜月ぶりをアピールした中韓両国。対北朝鮮対策でも、「日本外し」が目立っています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順