ベトナムの“戦後”は終わった

執筆者:鈴木真 2005年4月号
カテゴリ: 国際

サイゴン陥落、戦争終結から三十年。今や人口の七〇%を三十五歳以下が占める「若い国」に変化の大波が押し寄せている。[ホーチミン市発]ブー・ティ・ロイさん(七三)は今でも三十年前のあの日のことを鮮明に覚えている。一九七五年四月二十九日の午後二時頃。ロイさんが家政婦をしていたサイゴン(現ホーチミン市)中心部のアパートの屋上に一機のヘリコプターが轟音とともに飛来した。「まさかヘリコプターが飛んできて、屋上から人を運び出すなんて」。ロイさんの雇い主は米政府の高官で、そのアパートの屋上が米国に協力したベトナム人の緊急脱出用のヘリポートとして使われたのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top